シュノーケリング講座

テクニック編

●シュノーケルの使い方

・呼吸方法
シュノーケルは口だけで呼吸する為、慣れないと違和感があります。
まずは、潜る前に口だけを使って呼吸をする事に慣れましょう。

  • 最初に、マスクとシュノーケル装着し、口で呼吸してみましょう。
  • マスクとシュノーケルに慣れてきたら、顔を水面につけてシュノーケルで呼吸してみましょう。水圧が掛かってしまうので少し息苦しくなりますが、呼吸がなれるまで練習しましょう。
  • 呼吸になれてきたら、実践です。水中では呼吸が苦しくなりがちになり、パニックを起こす事があります。対策のコツとして、息を吐く事に集中しましょう。
    吐く事ができれば自然と空気を吸う事ができるので、パニックになりにくくなります。
    ※注意:鼻で呼吸をしてしまうとマスクと顔の間に隙間ができ、浸水したりマスクが曇る事があります。

・水のクリア(吐き出し方)の方法
シュノーケルをつけたまま潜ると、シュノーケルの内部に水が入ってきます。そのまま呼吸をすると、口の中に水が入ってきて呼吸ができずパニックになる場合があります。
この時の対処としてクリアがあります。
クリアは潜ったときにシュノーケルに入ってきた水を排出するテクニックです。

  • 練習として、一度シュノーケルを水につけましょう。
  • 水が入ったままのシュノーケルを咥えて「ぷっ!」っと息を吹いて水を吐き出します。すると、勢いよく水がシュノーケル先端と排水弁から水が排出されて息が出来るようになります。
  • 水をクリアすることが慣れてきたら実践です。潜ったあと浮上し、水面に浮いている事を確認してからクリアをしましょう。

●マスククリア

マスクの中に水が入ってきてしまった場合、マスクから水を排出するテクニックです。

  • 水中で体を垂直にします。
  • マスクの上側のフレームを手で押さえながら、鼻からゆっくり息を吐きます。
  • 息を吐きながら顔を後ろにのけぞるようにします。
    これで、水を排出することができますが失敗すると大変なので基本的にはマスクを外して水を出しましょう。

●フィンキックの仕方

効率のいいフィンキックは、膝を伸ばしてももの付け根から足全体を大きく上下に動かします。
そうすると、水を挟むようなキックになり、フィンのしなりを活かすことができ、水を捉える事ができますので大きな推進力を得ることができます。
悪いキックの代表例として、自転車をこいでいるような、足の裏で水を押すキックの仕方です。これでは推進力が得られません。
意識して、膝を曲げずに足全体を上下させるキックをしてみましょう。

 

道具の選び方

●マスクの選び方

あなたに合ったマスクを選んでみましょう!

  • ストラップをつけないで、マスクを顔にあてます。そのとき髪の毛がマスクの間に入っていないか注意しましょう。
  • 鼻から軽く息を吸って、ゆっくり手を離します。
  • しばらくマスクが顔にくっついていれば、あなたに合ったマスクです。

●シュノーケルの選び方

あなたに合ったシュノーケルを選んでみましょう!

  • 口の中にピッタリと入る、噛み心地がいいものを選びましょう。
  • 次に、肺活量に合ったパイプ径のものを選びましょう。お子様が使用する場合パイプの容量が100cc以下の物がオススメです。パイプ径が太い(容量が大きい)とシュノーケルクリアが難しくなります。

●フィンの選び方

あなたに合ったフィンを選んでみましょう!

  • フルフィットとストラップタイプ共にフットポケット(足が入る部分)がきつすぎず、ゆるすぎないものを選びましょう。
  • 初心者や女性の場合は、扱いやすい少し柔らかく軽いものを選びましょう。
    柔らかいものは少しの脚力で推進力が得られます。硬いのもだと高い推進力を得ることができますが、脚力がないとフィンをしならせる事ができないため初心者には向きません。
青の洞窟Navi